fsiwadeの記事一覧

  1. 5月17日の誕生花

    フクシア Fuchsia初夏の花。花色は赤、紫、ピンク、白など。花名の由来属名の学名「Fuchsia(フクシア)」は、ドイツの植物学者レオンハルト・フックス(Leonhart Fuchs / 1501~1566)の名前にちなみます。日本では花の…

  2. 5月16日の誕生花

    「アリウム」「イキシア」アリウム Allium初夏の花。花色は紫(アリウム・ギガンチウム)。花名の由来属名の学名「Allium(アリウム)」は、「におい」という意味の言葉が語源…

  3. 5月15日の誕生花

    「ドクダミ」「カンパニュラ」毒痛み Chameleon plant初夏の花。花色は白。花名の由来属名の学名「Houttuynia(ホウツイニア)」は、オランダの植物学者マー…

  4. 5月14日の誕生花

    芍薬 Chinese peony春~初夏の花(最盛期は5月)。花色はピンク、白、赤、黄、オレンジ、青、紫など。…

  5. 5月13日の誕生花

    「サンザシ」「ハナビシソウ」山査子 Hawthorn初夏の花。花色は白、ピンクなど。花名の由来属名の学名「Crataegus(クラタエグス)」は、ギリシア語の「kratos…

  6. 5月12日の誕生花

    アスチルベ Astilbe夏の花。花色はピンク、白、赤など。花名の由来属名の学名「Astilbe(アスチルベ)」は、ギリシア語の「a(無い)」+「stilbe(輝き)」を語源とし、葉につやがないこと(または個々の…

  7. 5月11日の誕生花

    「リンゴ」「ナスタチウム」林檎 Apple blossom春の花。花色は白、ピンク。花名の由来リンゴの名称は、平安時代の辞書『和名類聚抄』に「利宇古宇(りうこう、りうごう)」としてリンゴが記述されており、…

  8. 5月10日の誕生花

    アヤメ Iris春の花(最盛期は5月)。花色は紫、青、紫、黄、オレンジ、白、ピンクなど。 花名の由来「あやめ」の名は、古くはサトイモ科のショウブ(菖蒲)を指した語で、現在のアヤメ(文目)は「はなあやめ」と呼ばれていました。現在、アヤメ(文目)以外のハナ…

  9. 5月9日の誕生花

    「クレマチス」「キリ」クレマチス Clematis春~秋の花(最盛期は5月)。花色は赤、ピンク、白、青、紫、黄など。花名の由来属名の学名「Clematis(クレマチス)」は、ギリシア語の「klema(ブド…

  10. 5月8日の誕生花

    「シャクナゲ」「ベルフラワー」石楠花 Rhododendron初夏の花。花色はピンク、白、黄、赤、紫など。花名の由来属名の学名「Rhododendron(ロードデンドロン)」は、ギリシア語の「rhodon(赤またはバラ)」と「den…

最近の記事

PAGE TOP