7月8日の誕生花

7月8日の誕生花は

「ホオズキ」「ハス」「カンパニュラ」

 

鬼灯 Winter Cherry

初夏の花。花色は白、黄など。

 

花名の由来

ホオズキの名前の由来は諸説あり、赤くふっくらした実の姿から頬を連想したもの、実を鳴らして遊ぶ子どもたちの姿から「頬突き」という意味、「ホオ」というカメムシの類がよくつくことからなどといわれています

 

ホオズキ全般の花言葉は

「偽り」「ごまかし」

 

花言葉の由来

ホオズキの提灯のように見えるオレンジ色の萼(がく)の中は空洞で、赤い実が一つ入っています。花言葉の「偽り」「ごまかし」は、見かけは大きな果実なのに、皮と種だけで中身がないことに由来するといわれます。

ホオズキは英語で「Winter Cherry(冬のサクランボ)」「Ground cherry(地面のサクランボ)」とも呼ばれており、西洋での花言葉「deception(ごまかし)」は、サクランボとは似て非なるものという意味であるといわれます。

 

 

蓮 Lotus

夏の花。花色は白、ピンクなど。

花名の由来

ハスの古名の「はちす」は、ハスの花托(花床)が蜂の巣のように見えることに由来するともいわれます。その後、はちすが「はす」に転訛したといわれます。

ハス全般の花言葉

「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」

花言葉の由来

花言葉の「清らかな心」は、ハスが泥水の中から生じて、気高く清らかな花を咲かせることに由来するといわれます。

「雄弁」の花言葉は、エジプトでハスがエジプト神話に登場する神のオシリス(王で死者の審判者)に捧げられ、オシリスが雄弁であったことにちなみます。

 

 

 

ハス全般の花言葉は

「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」

 

カンパニュラ Canterbury bells

初夏の花。花色は紫、ピンク、青、白など。

花名の由来

属名の学名「Campanula(カンパニュラ)」は、ラテン語の「campana(小さな鐘)」を語源とし、釣鐘のような花の形に由来します。

カンパニュラ全般の花言葉

「感謝」「誠実」「節操」

花言葉の由来

花言葉の「感謝」「誠実」「節操」は、カンパニュラの花の形を教会の鐘になぞらえ、教会での教えにちなむともいわれます。

カンパニュラとギリシア神話

美しいニュンペー(ギリシア神話に登場する精霊や下級女神)のカンパニュールは、オリンポスの果樹園の番人をしていました。ある日、兵士が果樹園に侵入したため、カンパニュールは銀の鈴を鳴らして助けを呼びます。しかし、カンパニュールは兵士に命を奪われてしまいました。その死をいたんだ花の女神フローラは、彼女を鐘の形をしたカンパニュラの花に変えたといわれます。

 

 

7月8日生まれの有名人

日本

・三谷幸喜 (劇作家、脚本家 / 1961年7月8日)

海外

・ジョン・ロックフェラー (米国の実業家、慈善家 / 1839年7月8日~1937年5月23日)
・ケビン・ベーコン (米国の俳優 / 1958年7月8日)

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP