7月29日の誕生花

 

「サボテン」「ダリア」

サボテン Cactus

周年出回る植物。花色は赤、ピンク、白、黄、オレンジなど。

花名の由来

16世紀後半にサボテンを持ち込んだ南蛮人(ポルトガル人・スペイン人)がウチワサボテンの樹液をシャボン(石けん)として利用していたため、「石鹸体(さぼんてい)」と呼ばれるようになったといわれます。

英名の「Cactus(カクタス)」は、ギリシア語でトゲのある植物を意味する「カクトス」に由来します。

 

サボテン全般の花言葉

「燃える心」「偉大」「暖かい心」「枯れない愛」

花言葉の由来

花言葉の「燃える心」「偉大」は、サボテンが暑い土地で大きく成長し、多くの種が燃えるような色彩の花をつけることに由来します。

 

ダリア Dahlia

初夏~秋の花(最盛期は5~6月、10~11月)。花色は赤、白、ピンク、黄、オレンジ、複色など。

花名の由来

属名の学名「Dahlia(ダリア)」花名は、スウェーデンの植物学者アンデシュ・ダール(Anders Dahl / 1751~1789)の名前にちなみます。

日本には江戸時代(1842年)にオランダ人によってもたらされ、花姿がボタンに似ているため天竺牡丹(テンジクボタン)と名づけられています。天竺はインドであり、初期にはインドからきた花であると思われていたようです。

英語でも学名のまま「Dahlia(ダリア)」と呼ばれます。

 

ダリア全般の花言葉

「華麗」「優雅」「気品」「移り気」「不安定」

花言葉の由来

花言葉の「不安定」は、フランス革命後の政情の不安定な時期に栽培されていたことに由来します。その後、その花姿から「華麗」「優雅」といった花言葉も追加されます。

「移り気」の花言葉は、ダリアへの興味を失ったナポレオンの后ジョゼフィーヌ(「ダリアとジョゼフィーヌの話」を参照)に由来するといわれます。

 

7月29日生まれの有名人

日本

・橋本龍太郎 (第82・83代内閣総理大臣 / 1937年7月29日~2006年7月1日)
・せんだみつお (タレント / 1947年7月29日)
・秋吉久美子 (女優 / 1954年7月29日)
・高木美保 (女優 / 1962年7月29日)
・ちゅうえい (お笑い芸人 / 1978年7月29日)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP