白菊お供え花

お客様に

「まだ、しあげ(49日法要)をすませていないので、

小さい祭壇に白い菊を3本生けているのだけど

3本っていうのは何か意味があるの?」と聞かれました。

 

確かにそのような時は、白菊を3本ということが多いのですが、

意味・・・?

調べてみました。

 

白い菊には邪気を払うという意味があります。

ただ、3本という数字に関して意味は分からないのですが

お花に限らず、果物なども、奇数で3コ5コ7コとお供えするのが一般的です。

中国思想において奇数は聖数とされていて

七福神、祭日が3月3日、5月5日など、

日本の文化の中にもその影響がみられます。

 

ですので

お供え物の数に関しても、奇数が用いられるのではないでしょうか?

 

 

お供え花に用いられる

菊の花を長持ちさせるための水揚げ方法

をご紹介します。

 

菊など茎の固いお花は

ハサミを使わずに、手でおります。

その方が、切り口がさかれたような状態になり

水があがります。

りんどうなどもこの方法で水揚げします。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP